プロフィール

らーめんメッセンジャー

Author:らーめんメッセンジャー
仙台の製麺所「マツダ製麺」のオンラインショップスタッフのブログです。生ラーメンのことからラーメンの雑記、日常の出来事などを綴っています。

最新コメント
最新トラックバック
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高峰の硬麺、「剛鉄」

博多ラーメンでは昔から?あったそうですが、
麺の硬さを選べたりしますよね。

「バリカタ」なんかはカップラーメンになったりもして
他県にも浸透しているのではないでしょうか

とんこつスープに細い麺がベースで、
パリッとした歯ごたえがなんとも面白くて美味しい


食べたことがない方もいると思うので、
似たような意味合いのものとして
分かりやすく言えば
「パスタのアルデンテ」

といったところでしょうか。


硬さのバリエーションは一般的に、

① 『生(粉おとし)』:ゆで時間はほとんどなく、お湯にくぐらすだけ。

② 『ハリガネ』: 7~10秒程度。

③ 『バリカタ』:15~20秒程度。

④ 『カタ』:30秒程度。

⑤ 『普通』:60秒程度。

⑥ 『ヤワ』:90秒程度。

⑦ 『バリヤワ』:120秒程度。(注:店舗により若干異なる)。


があります。


しかし最近、
ラーメン店「一蘭天神店」で
「最高峰の硬さと歯応え」の位置付けにあたる
「剛鉄(ごうてつ)」が誕生しました。


a1180_003473.jpg



来店客の6割が通常よりも麺が硬めをオーダーすることから
「より硬く、よりおいしい専用麺を開発した」
という。(広報の大金倫子さん)

「かた専用麺」のためのオリジナル製法と配合で
何度も試作を重ねたといい、
「歯応えがしっかりしているのに生っぽくない、
カタ専用に作ったからこそ出せるおいしさ」だといいます。

私はまだ「ハリガネ」や「粉おとし」の硬さを体験していないので
その硬さがどれほどのものなのか想像もつきませんが、
非常に好評らしいので一度食べてみたいです
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。